2018年 9月 19日 (水)

生放送で「Windows7」全く動かず 中野アナ「中国版じゃない?」の真意

印刷

   世界同時発売された米マイクロソフト(MS)の新しい基本ソフト(OS)「Windows7」。不人気だった前作の「Windows Vista」に比べ操作性が良くなったとユーザーは期待し、発売前から盛り上がっていたが、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」のスタジオで実際に操作してみたところ、全く動かなかった。中野美奈子アナウンサーから「ソフトは中国版じゃないですよね?」といった「疑惑」発言も飛び出した。

   「Windows7」は2009年10月22日に発売。不評だった前作「Vista」の反省を踏まえ、動作の速さ、使い勝手の向上を徹底。モニターに指を触れることで操作できるタッチパネル方式も採用している。事前の評価は高く、国内の1カ月間の事前予約は、前作「Vista」の発売3ヵ月分を超えた。

「大丈夫ですか?」「指に油がついているとか…」

   発売開始のフィーバーぶりを民放各局はこぞって報道する中、09年10月23日の「とくダネ!」では、スタジオにモニターを設置、生放送で「Windows7」を操作した。笠井信輔アナウンサーはタッチパネルの機能を紹介。「バーチャルアース」という立体で描かれた地図ソフトを立ち上げ、指で画面を触ることにより、フジテレビ周辺の画像を出そうとした。笠井アナは、

「画面をポンポンッとね、やると動きますから」

と画面をタッチした。しかし、何も起こらなかった。あわてる笠井アナ。中野アナは「大丈夫ですか?」「指に油がついているとか…」と心配した。

   キャスターの小倉智昭さんは、

「昨日ね、スーパーニュースでね、木村(太郎)さんも(操作したが)走らなかったんですよ」

と説明。中野アナいきなり、

「それ(Windows7)、中国版ということじゃないですよね。日本のですよね?」

と発言した。マイクロソフトの担当者を呼んで具合を見てもらったものの、結局ソフトは動かず、笠井アナはソフトに不具合があるのではない、とし、

「大変申し訳ありません。お店で体験してください」

と「実演」を中止した。

   放送終了後まもなく、この場面の録画が動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップされ「放送事故!」などと話題になった。中野アナの発言にも注目が集まり、「中国版wwwこの発言いいのか??」「中国版わろた」などが掲示板に書き込まれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中