2020年 6月 5日 (金)

ツカサネット新聞も「休止」 「市民記者」存続に危機感

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「市民記者」によるニュースサイト、ツカサネット新聞が2009年11月末でサービスを「一時休止」する。理由は「システムの変更・改良」のためとしているが、再開は「未定」だという。市民メディアでは、09年4月にオーマイライフ(旧オーマイニュース)が閉鎖されるなど厳しい状況にあり、市民記者の間に危機感が漂っている。

システム変更・改良のための「一時休止」

11月末で休止するツカサネット新聞
11月末で休止するツカサネット新聞

   ツカサネット新聞は、マンスリーマンションやレンタルオフィスなど、不動産業を展開するツカサ都心開発によって運営されている。誰でも無料で記者登録ができ、記事を投稿することができる、いわゆる「市民メディア」として05年7月にオープンした。

   郵政民営化、リーマンショックといった堅い話から、夕食のレシピといった「ブログ感覚」の記事まで、幅広いジャンルを扱っているのが特徴。11月10日16時現在の記事別アクセスランキングは1位「セックスは、なぜ気持ちいいのか?」、2位「新潟県がプロ野球を誘致」、3位「鳩山恐慌の懸念」となっている。

   07年8月にはヤフーに、08年4月にはライブドアにも記事配信を始めるなど、着々と「市民メディア」として成長してきたようにも見えたが、09年11月5日、サービス休止を発表した。「ツカサインターネット事業のさらなる改善とサービス向上のため、システムの変更・改良を行うことを決定しました」といい、これに伴いサービスを11月30日に「一時休止」する。再開時期に関しては「未定」としている。

   既に10月30日には記事投稿の受付を終了したほか、休止後は記事の閲覧ができなくなることから、記者に対して記事データの返却受付も始めている。記事が掲載された際にもらえる「ポイント」換金も11月30日まで申請を受け付ける。

   11月9日、同じ市民記者ニュースサイト「JanJan」に、「10か月投稿してきたツカサネット新聞が『休止』して」という記事が投稿された。筆者は、ツカサネット新聞に「北京老学生」の名前で記者登録していた柴田勉さんという人だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中