2022年 5月 19日 (木)

市橋容疑者東京への「怒号移送」 マスコミ「狂騒曲」の一部始終

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   市橋達也容疑者(30)が大阪市内で逮捕され、身柄は捜査本部のある千葉県警行徳署まで移送された。報道陣も異例の体制を敷き、新幹線には多くの報道陣が同乗し、車内からは、少なくとも3社が生中継した。

   東京駅到着後のホームでは、容疑者は、怒号の中で「もみくちゃ状態」。東京駅のホームでは将棋倒しが起きて「キャー!」という悲鳴も聞こえるなど、これまでにない混乱ぶりで、マスコミが演じた、意味のない「狂騒曲」が際立った。

新大阪駅から「大集団」が乗り込む

   大阪南港で逮捕された市橋容疑者は、約10人の捜査員に囲まれ、新幹線で身柄を東京に移されることになった。新大阪駅から東京駅経由して行徳署にたどり着くまでの約3時間、各現場は大混乱となった。

   容疑者を乗せた新幹線は、新大阪から東京駅に向かう新幹線としては最終便にあたる、「のぞみ58号」。始発は博多駅(18時54分発)で、途中駅にあたる新大阪駅から報道陣を含む「大集団」が乗り込んだ。

   市橋容疑者は、21時20分の出発時刻直前に、関係者専用のエレベーターからプラットホームに現れ、「あけて!あけろ!」といった警察官やJR関係者の怒号の中、新幹線に乗り込んだ。この新幹線はN700系と呼ばれる最新型の車両で、市橋容疑者は、11号車にある「多目的室」と呼ばれるスペースに収容された。

   通常は、授乳、おむつ交換、着替えや、具合の悪い人が横になるためのスペースとして利用されている。多目的スペースの周辺は、警察官やJR職員がガードしており、近くのデッキは報道陣で「すし詰め状態」が続いた。

   新大阪から東京までの約2時間半のうち、名古屋駅を22時10分に出てから新横浜駅に23時28分に着くまでの1時間18分、ノンストップで走り続けるのだが、この間もマスコミ間の競争は繰り広げられた。

   少なくとも日本テレビ、テレビ朝日、TBSの3局が、新幹線が高速走行するなか、多目的室脇のデッキから生中継を行ったほか、NHKも「ニュースウォッチ9」の中で新幹線車内の様子を伝えた。

   品川駅周辺を走行中の23時40分には、日本テレビの記者が

「JRの職員の方々がですね、こうして我々の(聞き取れず)活動に対して横で大きな声を出される状況がある」

などと、JR側が取材活動を邪魔していると言わんばかりのレポートをするという一幕もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中