2020年 9月 18日 (金)

しんちゃん「続編」に賛否 「国民的キャラ」復活できるか

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   作者亡き後の「クレヨンしんちゃん」のキャラクターを使った漫画が、2010年夏にも新たに始まる予定であることが分かった。双葉社の「月刊まんがタウン」編集部が、その意向を明らかにした。一部で報じられた「続編」になるかは未定だが、別の作者になる可能性もあるため、ネット上では賛否両論が出ている。

   「クレヨンしんちゃん」ファンには衝撃のニュースが2009年12月1日、一部スポーツ紙から飛び出した。

「新しい作家」の起用を検討?

まだ「しんちゃん」の表紙が
まだ「しんちゃん」の表紙が

   作者の臼井儀人さん(51)が登山中に滑落死したため、月刊まんがタウンにおけるオリジナルの連載は、2010年2月5日発売の3月号で幕を閉じる。ところが、同年夏にも、しんちゃんの「続編」が始まる方向だというのだ。

   スポーツ紙の記事によると、同誌では、「新しい作家の起用など」を検討したり、「別の作家や(臼井さんの)工房による新連載」を準備したりしている。臼井さんの遺族と、連載を継続する方向で話し合っているとも報じられた。これらは、09年11月30日に東京都内で行われた臼井さんの思い出を語る会で出た情報だった。

   「続編」に対し、ネット上の反応は、2つに分かれている。

   「あのセンスは他人には無理」「それはもう違う漫画だろ」といった批判から、「いいんじゃないの」「双葉社だって命懸かってんだよ」といった理解の声まである。これらは、2ちゃんねるの書き込みだ。

   ミクシィの「クレヨンしんちゃん」コミュニティでは、「続編」についてのトピックが立てられ、活発な意見交換が続いている。

   コミュニティのアンケートには、メンバー100人余から回答があり、「嬉しい。臼井さんじゃなくても是非続きを読みたい」「嫌だ。臼井さんのしんちゃんじゃないと読みたくない」がほぼ半々だった。ファンも複雑な心境のようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中