2019年 11月 21日 (木)

「海に投げられた」加護ケータイ 無事戻ってきたチョー「不思議」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タレントの加護亜依さん(21)の携帯電話がネット上で、ちょっとした話題になっている。海に投げられたはずの携帯電話がデータも無事で見つかったというのだ。いったいどうなっているのか。

   加護さんの「携帯電話」騒動は2009年10月9日に書き込んだブログ記事が発端だ。彼女は09年9月29日から仕事で10日ばかり日本を離れ、アメリカ・ロサンゼルスを訪れていた。その帰国後、「majiで凹むよ5秒前。。」と題した記事を掲載した。

仕事用の携帯電話が海に投げられた?

   それによると、加護さんこの日、仕事用の携帯電話がないことに気付いたという。どうやら帰国後に乗り込んだタクシーの中で落としてきたらしい。受けとった領収書をたよりにタクシー会社に連絡を入れ、携帯ショップでもGPS機能をもとに探してもらったそうだ。が、店では「茨城県の砂浜か海にある」と言われてしまった。「うそでしょ!?」。その後は、こんなやりとりがあった。

「で、タクシーの人から連絡来て聞いたら『もう逢わないと思ってこのまま持ってる訳にもいかないですし、海に投げてしまいました。』って」

   加護さんは「ちょちょちょっと~~~~~~!!」「いくらなんぼでも海に投げないでよ~~~!!」と悲鳴を。携帯電話の中にあったもろもろのデータは、水の泡となってしまったわけだ。だが、自分のせいといえば自分のせいなので、「こんな私を誰か癒してください」「完全に凹んだを通り越してます」と肩を落とした様子を書き込んでもいた。なお、翌日の記事では携帯電話を新しくしたことを報告していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中