2021年 6月 18日 (金)

「ダウンタウンDX」演出 批判殺到で放送作家ブログ炎上

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   読売テレビのトーク番組「ダウンタウンDX」の演出が気に入らないという理由で、番組放送作家、長谷川朝二さんのブログのコメント欄に批判が殺到して「炎上」した。このため、コメント欄は閉鎖された。番組に対する批判が、放送作家個人に向けられるのは珍しい。

   長谷川さんのブログのコメント欄に批判が書き込まれたのは2009年12月3日放送の「ダウンタウンDX」終了後から。番組では、出演者がトークしている最中に、スロットマシンの画面のようなものが回転し、トークの「落ち」の部分で絵柄が揃ってフィーバー表示となる。この演出がいただけない、という批判だ。

「落ち」が出るまでスロットは回り続けている

   この日の放送にはゲストとして、勝俣州和さんらが登場、それぞれ体験した面白エピソードなどを披露した。そのトーク中に画面の左下でスロットが回転。トークしている人の顔写真が3枚揃うと「フィーバー」表示になる。最大の盛り上がりや、「落ち」はここだと示す、という仕掛けだ。

   勝俣さんは「東京ディズニーランド」で見た「困ったオバサン」達の話しを披露。

   「フィーバー」になった一つは、王子様と記念写真を撮ろうとしているオバサンが、ディズニーの「王子様」にいった一言。

   「なにじん?タイツで寒くないの?」

   お土産物売り場で、オバサンが「ミッキーマウス」のぬいぐるみを手に、店員に聞いた一言。

「この、メスないの?」

   これも「フィーバー」になった。

   こんな具合に「フィーバー」になるまでスロットは回り続けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中