2019年 7月 21日 (日)

菅直人新財務相 「経済オンチ」なのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   新年早々の辞任劇で驚かせた藤井裕久前財務相に代わって、菅直人副総理兼国家戦略担当相が新しい財務大臣に就任した。鳩山由紀夫首相は「最善の結論」と胸を張るが、市民運動家出身で閣僚経験も厚生相だけという菅氏には「経済に疎い」との風評がつきまとう。はたして大丈夫なのか。

「国会審議を乗り切る戦闘能力は相当高い」

   これまで決断力不足を指摘されてきた鳩山首相だったが、財務相の後任人事は早かった。2010年1月5日に辞意を伝えられてすぐに動き、わずか1日で決めた。菅氏を選んだ理由について、鳩山首相は

「予算案を決めていくにあたって、(藤井前財務相の)側面でしっかりと支えた第一人者が菅副総理だった。予算に関わった方だから、なんら支障はないということで十分、国会を乗り切れる」

と述べ、1月18日から始まる予定の通常国会での論戦に自信を見せた。民主党が政権をとって初めてとなる予算審議では相当な重圧がかかると予想されるが、党代表としての経験も持つ菅氏ならば重責もこなせるとの判断だ。時事通信の田崎史郎解説委員長もフジテレビの情報番組『とくダネ!』で、

「中身はともあれ、(菅氏は)弁論術のほうでは非常に優れているんですよ。『ああ言えば、こう言う』という弁論術は優れているから、そういう意味では国会答弁はうまく乗り切るんじゃないかと思います」

と解説。民主党の関係者も

「菅さんは党内での人望という点では疑問符がつきますが、国会審議を乗り切る戦闘能力は相当高い。党内を見渡しても、ほかに選択肢がなかったといえますね」

と評価している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中