2020年 1月 26日 (日)

不況で検定料節約の動き? 受験者数に異変、明大がトップへ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   11年連続で受験者数トップだった早稲田大学を明治大学が追い越しそうだ。不景気の影響で検定料を節約する志願者が増えて、「冒険」をせずに手堅く大学を選ぶようになったのが一因と見られている。

   受験情報を発信している大学通信が2010年2月19日に発表した10年度主要私立大学の入学志願者速報によると、志願者数トップは11年連続の早稲田大学で11万5515人(確定)となった。ところが、第2位の明治大学が11万5158人と、357人差に迫っている。明大はセンター後期の出願が残っているので、早稲田大を抜いて志願者トップに躍り出る可能性が高い、と見ている。

経済面で浪人もできなくなっている

明大に抜かれるかも?
明大に抜かれるかも?

   志願者数を前年と比較すると早稲田大は5651人減。慶應義塾大も前年より1629人少ない4万8260人(確定)だった。これに対し明大は8922人増で、法政大も8131人増と大幅に増えている。立教大学も2025人増の7万2966人(確定)、近畿大学も3584増の6万2816人(後期除く)だった。立教大以外、いずれもセンター後期の出願が見込まれるので、さらに増えそうだ。

   大学通信の担当者は、

「出願するにもお金がかかりますから、ひと頃多かった『記念受験』や、もしかしたら受かるかも知れないという挑戦をやめて、手堅い大学を受けるようになっています。検定料を節約するという理由のほかに、浪人したら私大に1年間通うくらいのお金がかかるので、それもできなくなっているからです。10年度は経済的な事情が色濃く出ました」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中