2019年 8月 20日 (火)

iPadでマンガ読めなくなる? 性描写と暴力に異常ピリピリ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米アップル社の多機能情報端末「iPad」には、電子書籍端末としての機能にも注目が集まっている。先行して発売された米国では、電子ブックをiPadにダウンロードして読む人が増えているようだ。

   ところが、アップルは日本の一部の書籍コンテンツに対して、配信を認めないようだ。その対象は、マンガ。性的な描写や暴力シーンが少しでも含まれていると「判断」が下されると、iPad用に電子ブック化されない恐れがある。

暴力シーンでないのに「却下」

iPadで一部の人気マンガが読めない?
iPadで一部の人気マンガが読めない?

   iPadには、電子ブックを閲覧する機能がある。米国版では、「iBooks」というアプリケーションをダウンロードし、購入した電子ブックを読むことが可能だ。米国での電子書籍のダウンロード数は、2010年5月7日(米国時間)時点で、150万冊に達した。

   日本でも5月11日、約600の書店が加盟する東京都書店商業組合がiPad向けに電子雑誌を販売することを明らかにした。携帯電話向け電子書籍販売サイトを通じて、6月にスタートする予定だ。大手出版社は3月24日に「日本電子書籍出版社協会」発足を発表。日本における電子出版事業をどう推進していくか、検討を重ねているとみられる。

   日本での普及には、電子書籍コンテンツそのものの拡充が必要だが、ここにきて別の「問題」が浮上した。日本のマンガが、アップルの「審査」に引っかかったようなのだ。 電子出版事業を手がけるボイジャーの萩野正昭社長が、ネットニュースのインタビューで明かしたもの。ボイジャーが関与した講談社のコミックをiPhone(アイフォーン)用のアプリケーションにして、アップルのコンテンツ配信サービス「iTunes store」に申請したところ、約30%が却下されたという。暴力シーンではなく疫病で血が流れた場面や、女性の胸がハプニングで露出したシーンも「残虐」「エロ」と判断された可能性があるようだ。

   このニュースは「2ちゃんねる」で早速話題になった。

「手術の血も駄目なのか」
「結局、電子書籍普及せずwww 外国の作品充実したって誰も見ないもんな」
「アメコミも暴力シーンあるからNGなん? スパイダーマンとかX-MENとか」

と、「マンガ禁止」への落胆ぶりが見て取れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中