2019年 12月 15日 (日)

燃費がいい「電動バイク」急拡大 ホンダなど大手メーカー次々参戦 

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   家電量販店で電動バイクの取り扱いが拡大している。走行時に二酸化炭素を排出しないので環境にやさしく、ガソリン式よりも燃費がいい。2010年内に大手メーカーも参戦し、市場の急拡大が見込まれている。

   家電量販店ラオックスは2010年6月から2車種(7種類)の販売を秋葉原本店と東京・お台場のショッピングモール「ヴィーナスフォート」内の店舗で順次開始する。最大の魅力は燃費がガソリン式の4分の1~5分の1程度で済むこと。また、子どもがいる主婦を中心に、「二酸化炭素を排出せず、環境にやさしい」「モーター音が静か」と好評だ。

「走る家電」として売っていく

プロスタッフ「ミレット」は12色展開
プロスタッフ「ミレット」は12色展開

   ラオックス商品担当者は、「秋葉原発の『走る家電』として売っていきたい」と意気込んでいる。一方で課題もある。故障時などのアフターサービス体制を整える必要があるからだ。

   家電量販店エディオンは5月に電動バイクの販売を開始し、年内に100店舗に扱いを拡大する。2車種で価格は13~19万円。混雑時以外は敷地内で試乗ができる。関東を中心に37店舗で販売しているノジマも、6月を目途に全80店に導入する予定だ。

   エディオンとノジマが販売するのは、カー用品メーカー、プロスタッフ(愛知県一宮市)の電動バイク。中国で製造し、同社の岐阜工場で組み立て、最終整備、点検をして出荷している。「ミレット」「イーブイアール ゴーゴー(EVR―55)」「デルスター」の全3車種を、家電量販店、ホームセンターなど500~600店舗に卸している。

   プロスタッフ広報担当者は、

「家電量販店での販売でお客様との接点が増えて認知度が上がり、最近は商談の申し込みがたくさん来るようになりました」

と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中