2019年 12月 15日 (日)

フジテレビ批判「もやしもん」作者 激怒から一転、半日で解決

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   人気マンガ「もやしもん」の実写ドラマ化にあたり、酒造メーカーに対しフジテレビがタイアップを持ちかけた。日本酒や焼酎などのラベルに「もやしもん」のイラストを付ける企画だが、作者の石川雅之さんが「出来が悪い」と怒り心頭、ブログでフジテレビ批判を展開した。が、その落ち着きどころは意外なものだった。

   「もやしもん」は講談社の漫画雑誌「イブニング」に連載中の人気マンガ。舞台になっているのは東京の農業大学で、透視のように菌が見えてしまう大学生が主人公。可愛らしく描かれた菌が多数登場することから「菌マンガ」などとも呼ばれる。2007年にはフジテレビでアニメ化された。

「フジさんには悪いけど全部ボツです」

   そして、作中で度々登場するキャッチフレーズが「かもす(醸す)」で、これは酒や味噌、納豆などが醗酵したり、菌が繁殖したりする様を示すもの。酒造メーカーとの今回のタイアップも「かもす」繋がり。

   石川さんは2010年6月19日未明に「『ドラマもやしもん』連動企画にご参加いただいている酒造メーカー様へ」という謝罪文のようなブログをアップした。そこには、

「フジテレビさんの決定方針であろうと反発させていただきます」

と書いてあった。製品に「もやしもん」イラストラベルを貼る企画が進行しているが、石川さんの元に酒造メーカーの情報がフジテレビから全く入っこない、というのだ。石川さんが心配し、ラベルの一部を見た。するとーー。

「フジさんには悪いけど全部ボツです」

   メーカーごとの特徴がラベルに出ていなければならないのに、まるで「もやしもん」宣伝用で、これではメーカーもメーカーの商品のファンも納得いかない、というのだ。

「僕と担当編集が責任を持ってラベルを大至急製作しなおしたい」

   直接フジテレビに伝えず、あえてこういう形にしたのは「緊急性と即応性を重視してのことです」とブログで説明している。手順を踏むことで時間がかかるのを恐れたのだそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中