2020年 5月 26日 (火)

渋谷に「日本初」バナナ自販機 「売り切れ」も出る人気振り

印刷
チョコなのに砂糖不使用!世界3位のチョコレート会社から

   東京・渋谷に「日本初」だというバナナの自動販売機が出現した。自販機でバナナというと意外だが、1日で売り切れてしまうこともあるといい、かなりの人気。設置した青果販売会社の担当者も「今後は大学やオフィスにも設置し、バナナ以外の果物も扱いたい」と意気込んでいる。

   2010年6月23日、半蔵門線渋谷駅3番出口に直結したビルに見慣れない自動販売機が設置された。

バラ売り一本130円、ひと房390円

バナナの自動販売機が話題だ。
バナナの自動販売機が話題だ。

   飲み物などの自販機と同じくらいの大きさで青と白を基調にしたデザイン。果物の製造・販売を行っている「Dole(ドール)」社が設置したもので、「日本初」の「バナナ自動販売機」だという。 

   同社のリリースによると、普段忙しくてフルーツ取りたくても取れない、1人暮らしの学生や社会人をターゲットにした。朝食の時間がないときや、小腹を満たしたいときに気軽にバナナを買えるのが特徴だ。

   バナナは、同社で扱っている、さっぱりとした味が特徴の「ボビーバナナ」という商品を採用した。1本だけのバラ売りタイプが130円で、4~5本の房タイプ(600グラム)が390円となっている。

   自販機内の温度は、バナナの保管に最適だという13度に設定。さらに、商品購入の際、受け取り口にゴロンとバナナが落ちてくるのではなく、傷まないよう、ベルトコンベアで商品を優しく搬送する仕組みになっている。自販機の脇には、皮を捨てるためのゴミ箱もおいてある。

   自動販売機でバナナということで、ネット上でも注目を集め、ツイッターや2ちゃんねるには、「見に行ってみよう」「近所に欲しい」といった書き込みや「腐っちゃうんじゃないの?」といったものが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中