2020年 1月 19日 (日)

トヨタとパナソニック  EV開発でスクラム組む

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   パナソニックが米国シリコンバレーの電気自動車(EV)ベンチャー、テスラ・モーターズに3000万ドル(約24億円)出資し、EV用電池を共同開発することになった。パナソニックはテスラの発行済み株式の約2%を取得する。

   テスラにはトヨタ自動車が既に約3%出資し、EVを共同開発することになっている。テスラを介して、トヨタとパナソニックがEV開発でスクラムを組むことになり、トヨタ・パナソニックという日本を代表する企業連合が世界のEV市場で主導権を握る可能性が出てきた。

パソコン向け安価なリチウム電池6800個

   今回の出資について、パナソニックは「本社が持つリチウムイオン電池の先進技術とテスラが持つ業界をリードするEV用パワートレイン(動力伝達装置)技術を組み合わすことで、サスティナブルモビリティを促進する」などと、狙いを語っている。

   テスラのイーロン・マスク会長兼CEO(最高経営責任者)は「グローバルで業界をリードする電池メーカーであるパナソニックに出資していただき、我々の技術力に対する力強い後押しになる」と歓迎。具体的には「パナソニックには独自の高エネルギー密度のリチウムイオン電池と業界をリードする優れた技術があり、我々の電池パックのコストが下がり、さらに性能を高めることができる」などと期待を表明している。

   パナソニックが評価するテスラのEV用パワートレインとは、電池パック、充電器、インバーター、モーターなどの駆動システムを指す。テスラはEVの高級スポーツカー「テスラロードスター」を発売しているが、心臓部の電池は、なんとパソコン向けに規格化された汎用の円筒形リチウムイオン電池だ。

   ロードスターはこの汎用リチウムイオン電池を6800個余りも積んでいる。このため、1回の充電で走行できる航続距離は378キロと長いが、電池重量は約450キロと重いのがネックだ。本来なら、車両重量1238キロの軽量なロードスターにこれだけの重さの電池を積むことなど常識的には考えられないが、パソコン向けの汎用リチウムイオン電池のため、自動車専用のリチウムイオン電池に比べれば価格が安いのがメリットという。

   一方、日産自動車が年内に発売する「リーフ」や三菱自動車が発売済みの「アイ・ミーブ」など、大手自動車メーカーが手掛けるEVは、NECやGSユアサなどと開発した高価な車載専用のリチウムイオン電池を搭載する。ベンチャーのテスラはパソコン向けの安価な汎用リチウムイオン電池を電池パックとしてうまく制御する技術があるという。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中