2019年 10月 19日 (土)

2ちゃんねるに執拗な「殺傷予告」 新宿「通り魔事件」は起きなかった

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新宿駅で2011年2月11日午後9時に、若い男3人組が殺傷事件を起こすとする犯罪予告が、インターネット掲示板「2ちゃんねる」に何度も書き込まれ、周囲には厳戒態勢が敷かれたが、同日中に事件らしきものは起こらなかった。

   「2ちゃんねる」で、犯人を名乗る人物による犯行予告がはじめて書き込まれたのは2月6日。書き込みによると、2月11日午後9時、新宿駅ハイウェイバスの入り口あたりで、30歳、29歳、27歳の男3人組が通り魔を起こす。1人はレンタカーで通行人に突っ込み、残りの2人がナイフで通行人を刺すなど手口が具体的に記されていた。そのため、ネット上の犯行予告の収集・通報サイト「予告.in」でも、警察に緊急通報していた。

俺達は死刑覚悟だぜ?死ぬのなんか怖くないぜ?

犯行予告の収集・通報サイト「予告in」でも緊急通報がなされた
犯行予告の収集・通報サイト「予告in」でも緊急通報がなされた

   書き込みによると、そのうちの1人(30歳)は、最終学歴は「高校」、職業は「pcをやること」とし、共犯者は「定時制高校の同級生」だと明かしていた。また、事件当日も午前中から、犯人を名乗る人物は「早く殺りたいな」「テレビで会えるから安心しな」「それにしても警察官は馬鹿」「17時友達と新宿に行く」「みんな俺達のこと馬鹿にしてるが、今にみてろ」などと書き込んだ。

「最後に言いたいこと。生きる。死ぬ。なんてどうでもいい。死刑が怖くて(死ぬのが怖くて)なんて思ってない。俺達は死刑覚悟だぜ?死ぬのなんか怖くないぜ?」

   2008年に秋葉原で起きた、通り魔事件を思わせる書きぶりだった。

   これに対し、「2ちゃんねる」には「どうせ釣りだろ?」と疑うものから、「行っても何も出来ずに取り押さえられるだけ」「お前も後悔するがやられた家族と本人と気持ち考えてみろ」「やめておけ ご両親が可哀想だろ」「他人を不幸にまきこむな」などと諭す声も寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中