2019年 10月 16日 (水)

今度は「偽造クーポン」疑惑 グルーポン側は否定 

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   グルーポンに、今度は「偽造クーポン」疑惑が浮上した。きっかけは、東京・吉祥寺のたい焼き店がグルーポンで販売していたクーポンの取り扱いを突然中止。その理由に、グルーポンの偽造クーポンへの対応をあげたからだ。

   安く商品が購入できたり、サービスが受けられたりすると爆発的な人気を博したクーポン。一方、提携する販売店側としても集客力が高まるなどの宣伝効果を期待していた。

   このたい焼き店では、今回の中止を「苦渋の決断」としている。

「重複利用があったとの報告を受けている」

「偽造クーポン」はあるのか、ないのか(写真は、東京・吉祥寺「たいやき鯛勝」のホームページ)
「偽造クーポン」はあるのか、ないのか(写真は、東京・吉祥寺「たいやき鯛勝」のホームページ)

   グルーポンは、「たいやき鯛勝」の商品「1000円」分を50%OFFの500円で販売した。「たいやき鯛勝」のブログによると、2010年12月にグルーポンの営業担当者と交渉し、12月26日に急遽掲載が決定。これまでに1700枚が売れ、利用期間は6月までだった。

   ところが、2011年2月15日のブログに「グルーポンのクーポンに関してのお知らせ」を掲載。同日付でグルーポンが発行したクーポンの使用を中止することを明らかにした。 この日のブログでは「返金、苦情等の問い合わせはクーポンへ連絡ください」と、一方的な通告のようにみえたが、翌日にはサービス停止について理由を説明。「偽造クーポン」の存在があったとし、それに伴うグルーポンの対応が「よくありませんでした」とこぼしている。

   2月21日時点で、「たいやき鯛勝」は「グルーポン側からは第3者を立てて話し合いがしたいとの連絡があったが、その後は何も連絡もない」としている。

   一方、グルーポン・ジャパンは、「今回の件は偽造クーポンではなく、重複利用があったとの報告を受けている」と説明している。重複利用は1件だけで、「先方からの電話の後、重複のあったクーポンに関してはできる限りの対応をしました」と話している。

   告知については「購入者に対してのみ、すべてキャンセルの連絡をしています」とし、クーポン利用の中止についてホームページなどによる情報開示は行っていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中