河村市長の「減税日本」と連携 練馬区長選出馬の菅田区議

印刷

   統一地方選の1つの練馬区長選で、菅田誠区議(42)が2011年2月27日、無所属での立候補を表明、河村たかし名古屋市長が代表の地域政党「減税日本」と連携することを明らかにした。

   菅田区議はすでに民主党を離党しており、会見には河村市長も同席して、減税の実現可能性を訴えた。

   なお、同区長選には、現職の志村豊志郎区長(78)と前嘉悦大学長の古賀義弘氏(68)が無所属での立候補を表明している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中