2018年 7月 23日 (月)

被災地の子どもに本の読み聞かせボランティア

印刷

   日本図書館協会は、2011年4月21日から24日まで宮城県気仙沼市に「HELP-TOSHOKAN(被災地読書支援隊)」を派遣して被災した子どもたちに読み聞かせなどを行う。

   派遣されるスタッフは、日本図書館協会のメールマガジンで募集したボランティアで、図書館職員や退職者がおもな顔ぶれ。被災地域の避難所や図書館で、本のプレゼント、読み聞かせ、上映会などを行い、子どもたちを元気づける。

   プレゼントする本について同協会の西村さんは「たまたま児童書を中心に約3000冊の新品の本があったんです。これを差し上げようということになりました」と説明する。

   読み聞かせボランティアの派遣は今回が第1回目で、5月中に第4回までが予定されている。6月以降は支援活動の幅を広げ、読み聞かせや配本活動のほか、被災した図書館の復旧作業などにも取り組んでいくという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中