相馬市の原乳、那須塩原市のホウレンソウなど出荷制限解除

印刷

   枝野幸男官房長官は2011年4月21日午後の記者会見で、福島県相馬市と新地町で産出された原乳、栃木県那須塩原市と塩原町で採れたホウレンソウについて、出荷制限を解除すると発表した。放射性物質の検出量が、食品衛生法上の暫定規制値を3回続けて下回ったため。

   福島県産の原乳は、4月16日に25市町村で制限が解除されており、相馬市と新地町もこれに続いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中