2018年 12月 17日 (月)

震災ボランティアで刑軽く 実刑から執行猶予に

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大麻取締法違反罪に問われ、一審で懲役1年6か月の実刑とされた男性会社員(32)の控訴審判決で、大阪高裁は2011年4月26日、一審判決を破棄して懲役2年執行猶予5年を言い渡した。被告が保釈中に東日本大震災の被災地でボランティア活動をしたことなどを考慮した。

   被告は10年8月に大阪市内の自宅で大麻草48グラムを所持したとして起訴され、11月に大阪地裁で実刑判決を受けた。控訴後に保釈され、友人らとツイッターで義援金などを募集。集まった約87万円を日本赤十字社に渡した。また、水やおむつなどの物資を宮城県に送ったり、高裁の許可を受けて被災地でのがれき撤去、遺体搬送作業に約1週間参加したりしたという。

   この活動について、上垣猛裁判長は「社会貢献しており、社会で更生させるのが相当」と述べた。被告は「執行猶予は奇跡。与えられた機会を生かしたい」として再び被災地に行くつもりだという。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中