奨学金「出世払い」を新設 文科省

印刷

   財務省と文部科学省は、日本学生支援機構の無利子奨学金の受給者について、卒業後に一定の収入を得るまで返済を猶予する、「出世払い」の制度を新設することにした。

   両省が2011年12月19日午後に、2012年度予算に関し大臣折衝を行い、合意した。基準となる年収は300万円程度を想定している。

   12年度の奨学金は、被災者枠の設定などで無利子貸与者が前年度比で2万5000人増える。4万2000人増の有利子貸与分を含め、奨学金事業の総額は482億円増の1兆1263億円となる見通しだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中