オリンパスのインド現地法人社長が死亡 自殺か

印刷

   2012年2月21日付の「タイムズ・オブ・インディア」紙(電子版)は、オリンパスのインド法人「オリンパス・メディカルシステムズ」の日本人社長が20日、ニューデリー郊外のグルガオンにある高級マンションの敷地内にある公園で、首をつって死んでいるのが見つかったと報じた。自殺の可能性があるという。

   報道によると、遺体が見つかった場所の近くで2通の遺書が見つかったという。いずれも日本語で書かれており、そのうち1通は家族にあてたもので「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」との内容だったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中