2018年 8月 22日 (水)

グリー、週刊誌に「摘発検討」と報じられる 「犯罪行為、一切ない」と反論

印刷

   ソーシャルゲームで急成長したグリーについて、当局が摘発に向けた検討を始めたと週刊誌が報じ、グリー側が、犯罪行為は一切ないと反論している。焦点になっているのは、「クジ引き」の要素のようだ。

   「当局がグリーに重大な関心」。こんな見出しで報じたのは、週刊ダイヤモンドの2012年3月26日発売号だ。

焦点は、「クジ引き」の要素

記事にグリーが抗議
記事にグリーが抗議

   その記事によると、ある政府関係者が、グリーの摘発に向けた検討が始まったことを明らかにした。この関係者は、「4~5月が山場だ」と話した。

   当局が関心を持つ背景には、ゲームのアイテム課金でクジ引きの要素があるという。そして、アイテムがネットオークションで数十万円で取引されるケースもあるとし、ゲームの不具合を突いたアイテム複製で稼ぐケースも紹介している。全国各地の消費生活センターには、子どもが100万円を使ったなどの相談が次々に寄せられているなどと指摘している。

   ただ、摘発が何の容疑でされるのかについては触れられておらず、その根拠は定かではない。

   これに対し、グリーはこの日、プレスリリースに記事への反論文を載せた。

   そこでは、犯罪行為は一切ないのに摘発が近く行われる印象を与え、会社の信用を著しく毀損しかねないと断じている。そのうえで、発行元のダイヤモンド社に抗議文を送り、信用回復のための措置を速やかに講じるよう要請したことを明らかにした。

   同様な内容は、月刊誌「FACTA」が4月号ですでに報じている。

   それによると、当局が摘発を検討し始めたのは、2月19日ごろからカードバトル型ゲーム「探検ドリランド」が2ちゃんねるなどで騒ぎになったことがきっかけだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中