2019年 12月 16日 (月)

30日以上ツイートないと「遺影」状態 新サービス「いいひとだったー」が話題に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   多くの人に利用されているツイッターだが、放置されているアカウントもかなり多い。そうした状況に目を付け、長期間にわたってツイートのないアカウントを遺影風にして一覧表示するサービスが話題になっている。

   個人が作成したもので、2012年4月23日ごろオープンした。その名も「いいひとだったー」というサービスだ。

鳩山由紀夫元首相も遺影状態

「いいひとだったー」サイト画面
「いいひとだったー」サイト画面

   仕組みは凄く簡単だ。まず「喪主」の欄に自分のツイッターアカウントIDを入力。次に「葬儀を始める」ボタンを押すと、30日以上ツイートがないフォロー相手のアイコンが遺影風の額に入って、一覧で表示される。期間については「10日以上」でも「60日以上」でも自由に設定可能だ。

   サイトでは「本日はご多忙中のところをご臨席いただきましてありがとうございます。只今より、亡くなったツイッタラー様のご葬儀を執り行います」「最近見かけなくなってしまった人との思い出を振り返ってみてください」と説明。61万人にフォローされている鳩山由紀夫元首相も、最後のツイートが2011年3月なので、遺影状態になる。

   かなりブラックな感じのサービスだが、確かに、ときおりこのサービスを使うことで呟きのないアカウントを思い出すこともあるだろう。また、フォローリストを整理する際に使えばフォローを外す、継続するか判断するのに参考になるかも知れない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中