2020年 4月 3日 (金)

被災障害者の家庭に「花とまごころと音楽」を届ける【宮城・石巻発】

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

母の日に、色とりどりの花と香りがお出迎え

お届けした花は被災した女川コンテナハウス商店街の生花店・ふらわ~しょっぷ花友から購入しました。花友の鈴木行雄・美智子さんご夫妻、近所の子どもたちと。(右は東京事務局の伊藤美洋 2012年5月13日 宮城県牡鹿郡女川町)
お届けした花は被災した女川コンテナハウス商店街の生花店・ふらわ~しょっぷ花友から購入しました。花友の鈴木行雄・美智子さんご夫妻、近所の子どもたちと。(右は東京事務局の伊藤美洋 2012年5月13日 宮城県牡鹿郡女川町)

   難民を助ける会では、東日本大震災の復興支援活動の一環として、「被災地に花とまごころをとどけよう」キャンペーンを行っています。津波ですべてを流され、彩りのない被災地に少しでも多くの花を届けようという趣旨 に、日本全国の方々がご賛同くださいました。2012年5月13日、宮城県石巻市にある被災障害者のための仮設福祉ハウス「小国の郷」の入居者50世帯 に、花の苗と日本全国から寄せられた応援メッセージをお届けしました。

   今回お届けした花は、ガーベラとミニバラです。購入先の女川コンテナハウス商店街にある生花店・ふらわ~しょっぷ花友(はなゆう)に着くと、色とりどりの花と、ミニバラの良い香りが出迎えてくれました。鉢植えは、ふらわ~しょっぷ花友の鈴木行雄さんと妻の美智子さんが一つひとつ心を込めてラッピングしてくださいました。

   ふらわ~しょっぷ花友は、震災前は海岸沿いに店を構えていましたが、津波で流されてしまいました。ご家族は命からがら高台に逃げ、避難所生活を経て、2011年7月に難民を助ける会が支援したコンテハウス商店街で店舗を再開されました。鈴木行雄さんは、「店の売り上げは震災前の半分だけれど、こうして店を再開できるだけでもありがたい」と語ります。今回のキャンペーンのために日本全国から寄せられたメッセージカード を、鈴木さんは「涙が出るねぇ」と言いながら、一枚ずつ読み入っていました。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中