2019年 10月 18日 (金)

「住宅ローンで大変だから生活保護受けたい」 梶原問題きっかけに「自分も」という声続出

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   お笑いコンビのキングコング、梶原雄太さん(31)が多額のローンを支払いながら、母親が生活保護を受給していたことが明らかになり、ネット上では「住宅ローンで大変だから自分も生活保護受けたい!」といった声が挙がっている。実際、そんなことはできるのだろうか。

   梶原さんの母親は、骨折して働けなくなり2011年3月から生活保護を受給。計約140万円を受け取ってきたが、芸人の親族の生活保護受給が問題となり、2012年5月で打ち切った。

ローンを支払いながらは、原則としては認められない

   母親は2002年に梶原さんが2千数百万円で購入した大阪市のマンションに居住。梶原さんが月40数万円のローンと共益費を負担し、ローンが完済する2012年8月に生活保護を打ち切る予定だった。

   本来は生活保護ではなく、扶養義務のある梶原さんが母親の生活費を出さなければいけない。しかし、梶原さんは月々のローンの支払いで余裕がなかったことに加え、マンションを担保に親族が借金をし、マンションを売ることもできない状況だったこともあり、支援が難しかったとしている。

   マンションは梶原さん名義のため、母親の資産には当たらないが、結果的に「住んでいるマンションのローンが支払われている状況での生活保護受給」だ。ローンを生活保護で払っている、といえなくもない。そのため、ネットには「自分も『50万円ローンがあるので生活できませんので生活保護ください』って福祉課に言ってみよっと」「自分も住宅ローン抱えてるし、将来不安な一般サラリーマンだから、生活保護もらえるかな?」といった声が多数挙がった。

   東京都の最新の2006年版「生活保護運用事例集」には、住宅ローンを支払いながらの生活保護事例が紹介されている。生活保護は生活に困窮し、資産もない人が受けるものなので、原則としては認められないが、場合によって適用されることがあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中