2021年 4月 21日 (水)

「慰安婦強制連行あるなら証拠示して」 橋下発言に韓国メディア「妄言」批判

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   いわゆる従軍慰安婦の強制連行を否定する橋下徹大阪市長の発言に、韓国メディアがいっせいに反発している。

   韓国メディアが橋下批判のよりどころにしているのが、1993年に日本政府が軍の関与や強制を認めたとされる、いわゆる「河野談話」。だが、この談話は「誤解を内外に広げた」との指摘も根強い。

「韓国の皆さんにも出してもらいたい」

   問題視されているのは、橋下市長が2012年8月21日午前の囲み取材で話した内容。橋下市長は、日本の近現代史教育の問題点を指摘する中で、

「慰安婦という人達が、軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられたという確たる証拠はない。もしそういうものがあったというなら、韓国の皆さんにも出してもらいたい」

と述べた。また、

「韓国の言い分を、この場で全部否定している訳ではない」

とも述べた。さらに、日本側と韓国側の議論が平行線をたどっていることから、日本政府は自国の立場を国民に改めて説明すべきだと主張。「河野談話」についても、

「中身について、もう一度、しっかり国民に説明しなきゃいけない」

と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中