2021年 7月 30日 (金)

スタッフが「立ち入り禁止」場所に立ち入る? 日テレ24時間テレビを縄文杉ガイドが批判

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本テレビの「24時間テレビ」スタッフが、鹿児島県・屋久島の縄文杉周辺の立ち入り禁止場所でテントを張ったり撮影したりしていたと、現地ガイドがブログで批判している。立ち入りに法的な規制はないが、事実だとするとマナー違反になる。

   右足が義足の高校3年女子生徒(17)が、あこがれの縄文杉を目指す――。24時間テレビでは、2日目最終日の2012年8月26日に、こんな企画を放送した。

義足の女子高生が登山するためキャンプ設営

   この企画では、女子生徒は朝6時ごろに登山をスタートし、日没までに10.6キロの道のりを歩いて到着することを目指した。両手に杖を持ちながら、山岳ガイドやタレントらと歩き、途中からはロープを使って岩場に挑むまでした。しかし、9キロ過ぎのところで台風による雨風が強くなり、登山を断念している。

   スタート時には、テレビのテロップで「今回の中継は屋久島の環境に細心の注意を払って行っています」とPRしていた。

   ところが、屋久島に19年ほど前に移住し、縄文杉のガイドをしているという大久保昭二さん(54)がこの日のブログで、テレビスタッフを批判した。

   その書き込みによると、スタッフらは縄文杉裏の立ち入り禁止場所でキャンプをしていた。縄文杉のある一帯は、国立公園になっており、世界遺産に登録されている。そこに、1週間で30人のスタッフが寝泊まりし、当日の26日は、80人超のスタッフや島のボランティアが出入りしていたという。

   さらに、大久保さんは、「テレビを見る限り、登山道からは撮影できない立ち入り禁止の位置からのアングルの映像が映っていました」とも指摘している。現在、こうしたブログの記事は削除されているようだ。

   環境省の九州地方環境事務所によると、縄文杉一帯でテントを張ったり立ち入ったりすることについて、法規制はない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中