2019年 1月 17日 (木)

吉野家、ご飯の盛り付け機械化へ 1年以上かかる盛り付け習熟が不要に

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   吉野家ホールディングスは丼物のご飯の盛り付けを機械化し、店舗作業の効率化を進めていくと2012年11月6日、日本経済新聞が報じた。吉野家はご飯を自動で盛り付ける機械をすでに2012年7月から導入、2013年2月までに全店舗の8割以上に拡大する予定だ。

   吉野家はBSE問題をきっかけに牛丼以外にメニューが多様化したため、正確にすばやく盛り付けるのが難しくなっていた。機械を使用した場合、どんぶり1杯あたりの盛り付け時間は2.4秒。1店舗で1日あたり計20分近くの時間短縮になる試算だという。

   また従来は、新入社員やアルバイトがご飯を規定量で規定時間内に盛り付けれるようになるまで1年以上かかっていたが、機械の導入によって従業員の指導時の負担軽減も期待されている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中