2019年 9月 24日 (火)

「非モテは京大に対して宣戦布告せよ!!」 総長の「受験と恋愛経験」発言に猛反発

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「恋愛経験のある人には入試バリアを下げる」――。京都大学総長がこんな発言をしたとして、ネットで波紋が広がっている。

   発言の趣旨は、受験に関係がない科目にも力を入れ、人間関係などでさまざまな経験をつんで、幅広い教養を身につけて入学して欲しいというものだった。ところが、「恋愛」という言葉が入っていたため、ネットユーザーらを刺激、「恋愛差別きたー」「非リアは死ねばいいのですね」などと非難轟々だ。

「恋愛始め人間関係の葛藤とか、幅広い経験をしてきた人に入試のバリアを少し下げる」

京大では、「京大方式特色入試」の検討を進めている
京大では、「京大方式特色入試」の検討を進めている

   京都大学の松本紘総長は2013年1月5日付の毎日新聞のインタビューの中で、今の子どもたちは偏差値一辺倒で「入試の技術」だけを身につけて大学に来ていると指摘した。本当の学力がないため、大学に入っても進路を見失い、社会に出ても役立たない人間がいる。一方で、成績が良いから医者になるといった「単細胞でモノレール的なキャリアパス」がしかれているという。

   その上で、社会全体で人を育てる制度を構築するための、大学側での入試改革の構想を以下のように話した。

「受験勉強ばかりで、高校時代にやっておくべきこと、例えば音楽とか、恋愛始め人間関係の葛藤とか、幅広い経験をしてきた人に入試のバリアを少し下げる。大学では意志をもって一生懸命勉強して、卒業してもらう。出口管理ですね」

   恋愛はあくまで「人間関係の葛藤」の一例として挙げられているのだが、これが「恋愛経験ある人には入試バリアを下げる」と言っているに等しいとして、ネットで反感を買った。

   「恋愛差別きたー」「非リアは死ねばいいのですね」「フラれて恋愛できなかった人はどうすればいいんですかね」「男子校出身で女に触れる機会がない人間はどうするのだろか」と非難轟々となり、フリーライターの赤木智弘さんはツイッターで「革命的非モテ同盟は今こそ京大に対して宣戦布告せよ!!」「むしろ、多くの人が恋愛をしている中で、恋愛をしていない、童貞であるということこそ、人とは異なる多様な経験と言えるのではないか」と息巻いた。非モテ、非リアとはネットスラングで、ここでは恋人がいない人を指す。

   また、受験生から「とりあえず親に『京大は恋愛経験も受験に加味するらしいからダメかもしれない』って電話しておきました」という悲鳴も上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中