2019年 8月 18日 (日)

アニメ「イヴの時間」英語版発売プロジェクト 全世界から支援、4日で7万ドル以上集める

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   日本のアニメ「イヴの時間」の英語字幕版をブルーレイディスクで発売するという企画が、アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」でスタートし、またたくまに目標額を達成した。

「1万8千ドルで英語字幕版Blu-ray化実現→あっという間に目標額クリア→勢い止まらず目標額の2倍もクリア→ええい、こうなったら5万ドルで英語吹替版も作ってつけちゃおう!→軽く突破し呆然... (←今ココ)」

   あまりの勢いに、公式ツイッターアカウントも驚きを隠さない。

海外でも評価高いが、英語版BDは未発売

キックスターターで出資を募っている
キックスターターで出資を募っている

   「イヴの時間」は「サカサマのパテマ」(2013年公開予定)などで知られる吉浦康裕さんが原作・脚本・監督を務め、少人数体制で3D技術などを駆使し制作したアニメーション作品だ。「未来、たぶん日本。"ロボット"が実用化されて久しく、"人間型ロボット"(アンドロイド)が実用化されて間もない時代」を描いている。

   2008年にインターネット上で「ファースト・シーズン全6話」が配信され、10年には新作シーンを加え再編集した「完全版」が映画として公開された。第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査員推薦作品。

   海外でも評価が高く、「ファースト・シーズン6話」はフランス語や英語の動画サイトでそれぞれの言語で字幕を付けて公式に配信されている。

   今回の「完全版映画」の英語字幕版のブルーレイディスク化プロジェクトは、作品のプロデュースをしたDIRECTION、吉浦監督のアニメ制作会社スタジオ六花と、その米国代理人Pied Piperにより、2013年5月24日、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」(キックスターター)で始まった。キックスターターは、企画・構想に対して個人の小口投資を募り、目標金額を達成したら実現されるというネット上のプラットフォームだ。

   プロジェクトが公開されると、「イヴの時間」英語版公式ツイッターアカウントに、海外のファンから「イヴの時間は本当に素晴らしい作品。日本版のブルーレイディスクを持っているけれど、出資したよ!」「このシリーズをすごく楽しんでいるし、キックスターターでも喜んで応援する」などといったコメントが英語で多く寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中