2019年 1月 17日 (木)

大ヒット「進撃の巨人」コミックが発売中止 同梱のDVDアニメ製作が間に合わず

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   大ヒットマンガ「進撃の巨人」のコミックス最新11巻限定版は、購入予約をしていたにもかかわらず、企画そのものが中止になり発売されないことになった。「進撃の巨人」のDVDオリジナルアニメが同梱されるはずだったのだが、アニメの製作が間に合わなかったようだ。

   アニメのテレビ放送は2013年4月から始まっていて、映像のクオリティーが非常に高く面白いと大評判だが、製作スタッフの数が足りず、一部地域で未完成のものが放送されるという「事故」が起きた。ネットでは、「そのうちテレビ放送でもトラブルが起きるのではないか」という心配の声も出ている。

「現状のスケジュールもかつかつなのに・・・」

   オリジナルアニメが同梱されるはずだった限定版は2013年8月9日に発売が予定されていた。講談社は公式ホームページで13年6月1日に謝罪文を掲載し、予約していた人は予約店に問い合わせて欲しいと呼びかけた。企画が中止になったのは、オリジナルアニメの製作が遅れたためのようで、アニメの質をさらに向上させ、13年12月発売予定の12巻に同梱すると説明した。8月に発売する11巻限定版には代わりにシールとカードが付くことになるのだという。

   ネットでは、オリジナルアニメの製作が間に合わないのは分っていたことだ、といった声が多く、

「現状のスケジュールもかつかつなのに、OVAまで手が回るとは到底思えない」
「延期した後でやっぱ無理でした、ということにならなければOKです」

などといった書き込みが掲示板やブログに出ている。

   「進撃の巨人」は諫山創氏原作のマンガで、「別冊少年マガジン」2009年10月号から連載が始まった。コミックは10巻まで出ていてトータルで1千数百万部を売る大ベストセラーになっている。マンガの舞台は1800年代のヨーロッパやアジアを連想させ、人間によく似た裸の巨人が人間を襲撃し捕食している世界になっている。人間は高く強固な壁を作り、その中に逃げ込んで生活していたが、巨人はその壁を破って中に進入するようになった。そうした巨人との戦いを中心にマンガは描かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中