「八百長と言われてかわいそう」 じゃんけん優勝の珠理奈を秋元康が擁護

印刷

   2013年9月18日に行われ、SKE48とAKB48兼任の松井珠理奈さん(16)が優勝した「AKB48じゃんけん大会」について、「八百長だったのでは」という声がいまだ根強い。そんな中、プロデューサーの秋元康氏(55)が初めて今回の「疑惑」に反論した。

   秋元氏がじゃんけん大会について語っているのは、2013年9月29日付の読売新聞別刷り「よみほっと」の連載「秋元康の1分後の昔話」でのことだ。

「観ていた人は真剣勝負以外の何ものでもないとわかるはず」

センターを勝ち取った松井珠理奈さん(12年11月撮影)
センターを勝ち取った松井珠理奈さん(12年11月撮影)

   「松井珠理奈は、次世代のエース候補で通常の選抜の常連である。去年の優勝者・島崎遥香といい、一昨年の優勝者・篠田麻里子といい、選抜常連組が優勝するとアンチファンから八百長と言われるので、彼女たちが可哀想だ。(1回目の優勝者は選抜の常連ではなかったので八百長とは言われなかった。ようやく、チャンスが巡って来た彼女のために『チャンスの順番』という歌詞を書いた)」と、冒頭でさっそく篠田さん、島崎さん、松井さんの名前を出し、疑惑に反論している。

「当日、武道館にいた観客、テレビ中継を観ていた視聴者は、あれが真剣勝負以外の何ものでもないことはわかるはずだ」
「敗者たちのあの悔しがり方は、ガチで狙っていたものを逃してしまった経験がある者にしかわからないかもしれない」

とじゃんけん大会はあくまで「ガチ」だったと訴えつつ、選抜常連組が4回中3回も優勝していることについては「所謂、『(運を)持ってる』としか言えない」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中