2019年 8月 20日 (火)

「合法的に購入したものなのに…」 韓国国会「甲冑返せ!」決議に東博困惑

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日本よ、わが国の宝を返せ――こんな決議案が、韓国の国会で2013年12月10日、「全会一致」で成立した。

   問題となっているのは、朝鮮王朝時代の国王が愛用したという鎧・兜だ。現在は東京国立博物館に展示されているが、韓国側は「日本に不法に奪われた!」と主張、「即時返還」を求めるキャンペーンを張っている。

来場者も足止める美しい兜と鎧

   決議通過から間もない2013年12月12日。問題の鎧・兜は、東京国立博物館・東洋館5階の常設展会場に、無言で鎮座していた。足元の説明文にはただ「甲冑」とのみあり、19世紀、朝鮮王朝時代の品であることが簡潔に記される。

   重要文化財も含め、朝鮮半島の貴重な文物がずらりと並ぶこのフロアだが、興味のない人にとってはいささか「地味」に映るのだろうか。修学旅行生の集団も見えず、平日の午後ということもあって、数人の年配客の姿があるばかりだ。

   そんな中で、この鎧・兜はひときわ目をひく。特に華やかなのは兜で、龍をかたどった金の飾り、頭頂部から垂れる紅毛、そして後頭部から耳元までを覆う毛皮と、いかにも勇壮、いかにも豪華な造りだ。鎧の方はコート風の構造で、やはり至るところに金の飾りがあしらわれている。いずれも、相当の貴人の所有物だったことが容易にわかる。まばらな来場者も、この鎧・兜の前に来ると必ず立ち止まり、その姿に見入っていた。

   韓国側は、この鎧・兜が朝鮮王朝の26代国王・高宗(1852~1919)の愛用品であるとし、日本統治時代「不法」に持ち去られたと主張する。

   再び先ほどの説明文を確認すると、そこには小さく「小倉コレクション保存会」から寄贈された、との記載がある。小倉コレクションとは、日本統治時代に朝鮮半島で活動した実業家・小倉武之助氏(1870~1964)が収集した1000点にも及ぶ文物のことだ。その死後、国に寄贈され、現在は東京国立博物館が所蔵する。

   改めて展示室を見れば、三国時代の土偶から仏像、高麗青磁と、ありとあらゆるジャンルの「小倉コレクション」旧蔵品が目につき、その収集の「熱心さ」がうかがえる。韓国側ではその収集が非合法的なものだったとして、「盗掘王」とまで称されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中