2018年 10月 22日 (月)

NHK札幌「麿」こと登坂アナ、大阪局に 北海道ファン「札幌から去る…」と大ショック

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHK札幌放送局の登坂淳一アナウンサー(42)が、2014年4月から関西地域向けの情報番組「かんさい熱視線」を担当することが分かった。NHK大阪放送局の公式ツイッターアカウントが3月6日に告知した。

   登坂アナといえば、インターネット上で「麿(まろ)」の愛称で親しまれる人気アナだ。それだけにツイートは大きな注目を集め、各地のファンがさまざまな反応を示している。

2度目の大阪勤務はほぼ確定

   1997年に入局した登坂アナは、和歌山、大阪、東京を経て、2010年3月末からは札幌放送局に所属している。全国ネットのニュースを担当した東京時代には、若白髪が突然目立つようになり、注目を集めた。ネット上では、上品な顔立ちや穏やかな声から公家を彷彿するとして「麿」の愛称で呼ばれる。NHKもそうした人気ぶりを意識してか、札幌へ移った際には顔写真を大きく掲載した特設ページをつくるなど「アイドル並み」の扱いが話題になった。

   そんな人気アナが4月から、大阪放送局の番組「かんさい熱視線」(金曜日)でキャスターを務める。「誰もが知りたいと思っていることを我々が代わって調べてくる。テーマにタブーなし」をコンセプトにした地域情報番組で、現在は野村優夫アナウンサーが担当している。

   告知ツイートはすぐに注目を集めた。あまりの反響に、公式アカウントも「えーとRT(リツイート)数が多いので、再ツイートを。。」として、同じ情報を再度投稿したほどだ。大阪局の広報室に取材したところ、ツイート内容は間違いないとしたものの、異動については「発表は行っておりません」と伏せた。他放送局所属のNHKアナが出演するケースも一部番組であるが、定期番組ではまず考えられない。札幌に移ってから3年が経ち、異動は間違いないと思われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...