2020年 8月 6日 (木)

中国「抗日戦争紀念館」でなぜか「けいおん!」トランプ販売 日本漫画家のイラストを無断使用

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   中国・北京に「中国人民抗日戦争紀念館」という施設がある。「日本帝国主義の侵略に抵抗した歴史、抗日戦争における中国共産党の大黒柱としての役割、中華民族の世界反ファシズム戦争の勝利のための大きな民族的犠牲と重要な貢献を際立って反映し、日本侵略者が対中侵略戦争の中で犯した大罪を暴き出す」(公式サイトより)展示を行っている。

   日本を強く糾弾する施設だが、なぜかここで日本の漫画「けいおん!」のトランプが売られているらしい。しかも漫画家が趣味で描いた絵を勝手に使っているとして、ネット上は大騒ぎだ。

エロいイラスト、価格は20元

   2014年5月2日から6日のゴールデンウィークにかけて、あるツイッターユーザー3人が北京に行き、ツイッターで「旅行記」をつづっている。

   「抗日戦争紀念館」には5月3日に訪れたが、「中国人民抗日戦争紀念館で買った『○いおん!』トランプの柄が何かおかしい」と、写真付きでツイートした。

   写真を見てみると、「けいおん!」のキャラクターが胸の谷間を見せている絵や、水着姿を下から描いたものなど、トランプに少々「エロい」イラストがプリントされている。

   「売店で普通に売られていた」と、トランプの箱が吊るされて売られている画像も投稿されている。価格は20元(約325円、5月16日現在)だったそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中