2019年 9月 22日 (日)

NHKで7月に女性記者15人も大量退職? ジャーナリストの「特ダネ」が関心集める

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   元産経新聞ロンドン支局長でイギリス在住ジャーナリストの木村正人さんが、NHKの女性記者15人が退職することが分かったとブログで明かし、本当なのかと関心を呼んでいる。

   木村正人さんは、「特ダネ」だとして、2014年7月7日にブログを更新した。

「大量退職に報道局幹部も首をひねっている」

記事が話題に
記事が話題に

   それによると、女性記者15人もの大量退職は、7月の異動に合わせてのものだという。退職について、木村さんは、「NHKは他のメディアに比べて女性記者の割合も多く、出産・育児を支援する社内制度も整っており、大量退職に報道局幹部も首をひねっているそうだ」と書いた。

   退職の理由については、書かれていないが、木村さんは、「取材の最前線では女性記者も男性記者と同様、朝駆け夜討ちを強いられ、超過勤務が日常的になっている」と指摘した。そして、「NHKは女性記者の働き方を見直した方が良い」と提言した。

   さらに、木村さんは、NHKの籾井勝人会長が就任時の慰安婦発言で大騒ぎになったり、経営委員の長谷川三千子氏が人口減対策として「性別役割分担」を強調したりしたことを取り上げた。NHKの新入女性社員の間では、長谷川氏の発言に衝撃が走ったと指摘したが、安倍晋三首相寄りとされるNHK人事と女性記者大量辞職とは無関係かもしれないとしている。

   木村さんのブログ記事は、ブロゴスやヤフーニュースでも掲載され、反響を集めている。ブロゴスでは、閲覧数ランキングのトップにも入った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中