2019年 8月 20日 (火)

「ハムスター釣り」の露店に賛否両論 大阪市「動物愛護上好ましくない」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「ハムスターを3匹釣れたら、1匹あげます」。大阪市内であった夏祭りで、こんな「ハムスター釣り」の露店が出ていたことが分かった。ネット上では、動物虐待に当たるのかを巡って、議論になっている。

「可哀想、ぼさぼさでぐったりしてるのおるし」「こんなことが、あるなんて!!!ショック!」

   ツイッターなどでは、2014年7月13日ごろから、ハムスター釣りについて写真付きでこんな報告が相次いだ。

「動物虐待にならない」とはするが…

   露店業者は、大阪市平野区の杭全(くまた)神社で7月11~14日まで開かれた夏祭りに出店していた。ハムスター釣りとは、釣竿の先にコーンなどのエサを着け、ハムスターが食いついたタイミングで引っ張り上げてお椀に入れるというものだ。1回500円で、エサが釣竿から外れたら終わりだった。

   こうした商売については、「動物虐待ではないか」とネット上で次第に話題になった。8月3日ごろからは、情報サイトなども取り上げる騒ぎになっている。ネット情報によると、この業者は以前、ほかの神社などの祭りでも次々に出店していた。

   ハムスター釣りそのものは、数年前からあるらしい。

   ユーチューブでは、「ハムスター釣り」の動画が1年前に投稿され、物議を醸している。この動画は、これまでに40万回ほども再生されるほどの話題だ。ハムスター釣りについては、「金魚はよくてハムスターはだめなの?」「そう悪いことでもないと思う」といった声もあり、ネット上で賛否が分かれている。

   もっとも、ハムスター釣りがもし動物虐待になれば、動物愛護法の第44条違反に当たる。この点について、大阪市の動物愛護相談室では、杭全神社に出店した業者はそうならないとの見方を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中