サガン鳥栖、尹晶煥監督を電撃解任 シーズン途中異例の人事

印刷

   サッカーJ1サガン鳥栖は2014年8月8日、尹晶煥(ユン・ジョンファン=41)監督を7日付けで解任したと発表した。

   報道によると8日、佐賀県鳥栖市内でクラブの永井隆幸強化部長が会見を行い、「来季以降の尹監督との考え方や方向性の違い」や「チーム内の亀裂」を解任の理由に挙げながら「(解任は)苦渋の決断」と述べたという。

   一方で、スポーツ報知は「竹原稔社長と(尹)監督の待遇面での確執」が背景にあったと報じた。

   韓国出身の尹監督は現役時代にセレッソ大阪などでプレーし、02年のワールドカップ(W杯)日韓大会にも韓国代表として選ばれた。07年に鳥栖で現役を引退した後は、クラブのテクニカルアドバイザーやヘッドコーチを歴任。11年に松本育夫前監督から監督を引き継ぎ、クラブを初のJ1昇格に導いた。今季鳥栖はリーグ首位を走っていた。

   後任監督は吉田恵コーチ(41)で、9日のサンフレッチェ広島戦(Eスタ)から指揮を執るという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中