2019年 8月 23日 (金)

「短いスカートは身体に悪影響与える」 制服メーカーのポスターが物議

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   女子中学生や高校生が制服のスカート丈を短くすることはもはや定番と化している。「短い方がかわいい」「長いとダサい」といった気持ちがあるようだが、すぐに下着が見えてしまいそうなほど短くしているような学生もいて、「みっともない」との批判も根強い。

   そんな中、「短いスカートは身体に悪影響を与える」とのポスターがネット上で話題になっている。実験に基づいたもので、「科学的に証明された」とも書かれているのだが、あまり納得は得られていないようだ。

短いスカートで免疫力低下、心臓へ負担をかける危険性も!?

   話題になっているポスターは、学生向け衣料の製造・販売を行う菅公(カンコー)学生服(岡山市)の商標が入ったもので、福井県でカンコーの衣料の代理販売を行う山耕の公式サイトに2013年11月に掲載された。

   ポスターには、倉敷市立短期大学で行われた実験の結果、「短いスカートが身体に悪影響を与えることが科学的に証明されました」と書いてある。

   実験は、同一条件の環境でひざ上15センチの短いスカートとひざ中心丈の長いスカートをはき、皮ふ温、深部体温、心拍数心電図、血圧の違いを測定するというものだ。

   結果は、長いスカートをはいている時の方が、平均皮ふ温、深部体温どちらも高く、最高血圧と最低血圧の差が大きく、心拍数は少なくなったという。

   これを受けてポスターでは、

「深部体温が1℃低下すると、免疫力が30%低下すると言われています。短いスカートは免疫力低下に結びつき、結果として病気になり易く、治りにくい身体になる可能性があります」
「寒さにより血管が細く・収縮すると血流が悪くなり、心臓へ負担をかける危険性があります」

と、短いスカートが与える悪影響を説いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中