2019年 11月 20日 (水)

「日本人はキム・ヨナに嫉妬している」と発言 韓国で活動の日本人「TAKUYA」って何者だ?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   韓国のテレビ番組で女子フィギュアスケートの浅田真央選手、キム・ヨナ選手のことが話題になった際に、出演していた日本の男性タレントが、キム選手はあまりにもスケートが上手く、浅田選手を負かし続けているから「日本人はキム・ヨナに嫉妬している」と発言したことがわかり、日本では「そんな事実はない!」「日本人の発言とは思えない」などとバッシングが起こっている。

   バラエティー番組にも拘らず、この発言は韓国の大手新聞を含む多数のメディアが報じていて、キム・ヨナ選手が日本ではどう受け止められているのか、その関心の高さが伺える。

「キム・ヨナは素晴らしく、浅田にたくさん勝っている」

   問題となった番組は2014年9月22日に放送されたJTBCの「非首脳会談」で、11カ国の外国籍のパネラーらが「世界のスポーツ」をテーマに語り合った。日本代表として出席したのはアジアで活躍するアイドルグループ「CROSS GENE(クロスジーン)」のボーカル・TAKUYA(寺田拓哉 22)さん。韓国大手新聞の中央日報などによると、番組内で司会者から、

「日本ではキム・ヨナに対する評価はどうなのか?」

と聞かれ、TAKUYAさんは、

「かなり嫉妬しています。キム・ヨナのスケートは素晴らしく、浅田選手にたくさん勝っているからです」

と答えた。また、その嫉妬には浅田選手ならキム選手と同じくらい上手くできるのに、という悔しさも含まれているなどとも語った。これに対しパネラーの一人が、「自分も浅田選手を応援しているがよく転ぶから心が痛い」などと発言すると、テレビ画面には浅田選手が転倒する画像が流れた。

   このニュースに関する日本のネットの反応は「嫉妬しているわけがないだろ!」「嫉妬と言うよりshitなはず」といったものばかりで、大騒ぎになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中