2019年 11月 13日 (水)

イスラム国による残忍な斬首動画 メディアが報じないのはなぜか

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   イスラム教の過激派組織「イスラム国」系とみられるアルジェリアの武装集団「カリフの兵士」が2014年9月22日、同国内で拘束したフランス人男性の首を切断して殺害する映像をインターネット上に公開した。

   動画には、男性の体を押さえつけて、生きたままナイフで首を切断する残忍な場面が収められている。ネットでその様子を見ることはできるが、世界のほとんどのメディアはその衝撃的な映像を使用することはない。

一部の動画は今も見ることができる

   イスラム国はこれまで、アメリカ人ジャーナリスト2人を殺害する動画を公開した。オレンジ色の服を着せられた人質のジャーナリストは立てひざで後ろ手にされ、隣には覆面をした人物が立ち、アメリカ政府を批判する演説を行う。ひとしきり話し終わると、ジャーナリストは生きたまま首を切断されて、殺害される。首は遺体の上に置かれ、周囲は血に染まっている。衝撃的な光景だ。

   イスラム国はほかの武装集団と異なり、ツイッターなどのSNSを駆使してメンバーを募るなど、巧みにインターネットを使った広報活動を行うのが特徴だ。斬首動画の公開もこうした活動の一環と見られる。

   ほかにも、敵対するシリア政府軍を処刑したり、襲撃した人々を虐殺したりする様子の動画も公開している。多くの動画は、日本の動画サイトでは規約違反のため削除されており、キーワード検索などで簡単にたどりつけないようになっている。しかし、残忍な光景が確認できるサイトが今なお存在しているのは事実だ。

   これらの光景を、日本のメディアは「首を切断して殺害した」など、淡々と報じているケースが多い。イスラム国によって公開された動画を記事やニュース番組で使用する際も、人質の顔が映る場面をわずかに使用するにとどめている。

   海外の主要メディアも同様で、動画中の残忍な内容については詳細に説明しない記事が多いようだ。切断された首が転がる場面や、首を持ったまま武装集団が演説をする様子など、衝撃的な写真や映像はほとんど使われていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中