2019年 8月 17日 (土)

「成城石井」モテモテのわけ いったい、どんなスーパーなのか?

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   東京都を中心に店舗を展開する高級スーパーの「成城石井」を、コンビニエンスストア大手のローソンが買収する。ローソンが2014年9月30日に発表した。

   ローソンとともに成城石井の買収を争ったとされるのは、流通大手のイオンや、百貨店の三越伊勢丹ホールディングス(HD)やエイチ・ツー・オーリテイリングといった、錚々たる顔ぶればかり。モテモテの成城石井だが、いったいどんなスーパーなのか。

えっ!「高級スーパーではありません」?

高級スーパー「成城石井」を、コンビニのローソンが買収した(画像は、「成城石井」のホームページ)
高級スーパー「成城石井」を、コンビニのローソンが買収した(画像は、「成城石井」のホームページ)

   「成城石井」は1927年創業の老舗。高級住宅街として知られる東京都世田谷区成城で、食品スーパーとしてスタート。ワインやチーズなどの輸入食料品を多数そろえる、高級志向のスーパーマーケットを展開する。

   そんな「高級スーパー」のイメージが定着している成城石井だが、じつは社長自らが高級スーパーであることを打ち消している。

   日本経済新聞(2014年8月11日付)は、成城石井を「脱デフレの優等生」と、評した。同社が2000年代後半のデフレ時代に安売り競争に組みすることなく、商品を値下げせずに業績を回復したからだ。

   それが現在の好調につながっているのだが、原昭彦社長は好調の秘密について、「われわれの店は『高級スーパー』という捉え方をよくされる。たしかにワインやチーズ、コーヒーといった嗜好品に強いが、われわれの持ち味は高級食材を売ることではない」とコメントしている。

   同社の人事ブログによると、成城石井の経営理念や行動指針が書かれている冊子「成城石井BASIC」にも、「高品質な商品をお求めやすい価格で提供します」「他社と同じ商品なら安い価格を目指します」などと記されていて、他にはないような、「おいしいにこだわった、安心・安全な商品」を提供。よりこだわった商品を、より安い価格で提供するために、おいしい食材の発掘から輸入、製造、販売までを、自社で独自の仕組みをつくり、実行しているというのだ。

   さらには、店員の「いらっしゃいませ」などの日常的なあいさつやレジ対応も、「毎日気持ちよく行っていれば固定客が確実に増える」といい、そのために社内スクールで数十種類のワインやチーズを味わって接客に役立てる、商品知識や接客スキルの習得にも力を入れている。

   なにやら、オーソドックスな小売業のスタイルが魅力のようでもあるが、これが成城石井の強みなのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中