2019年 4月 21日 (日)

杉を伐採、広葉樹を育てる運動が「苦戦中」 宮崎県の任意団体「花粉症撲滅センター」に寄付金集まらず

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   花粉症の原因となる杉の木を無くしたい――。宮崎県小林市の任意団体が十数年前から杉の木を伐採し、広葉樹を育てる運動をしている。2006年からホームページで1口1000円の寄付金を募っているが、3万円も集まらず、看板の費用に消えた。結局、ボランティアでの杉伐採のみとなっている。

   代表の永峯勝久さんは、「私どものような活動がうまくいかない限り、日本の森林は杉ばかりで、花粉症は未来永劫続く」といい、活動に支援してもらえるよう呼びかけている。

千円の寄付金で62平方メートル伐採できる

今は「ボランティア」で杉を伐採する(画像は「花粉症撲滅センター」のホームページより)
今は「ボランティア」で杉を伐採する(画像は「花粉症撲滅センター」のホームページより)

   永峯さんの家は3代続く林業家で、林業は天職と思い、誇りを持って仕事をしていた。十数年前のある日、インターネットで、ある母親が「杉が憎い」と訴える声を聞いた。娘が重い花粉症で春は一歩も外に出られず、桜を一度見せてやりたいという願いだった。愕然とした。その時、杉を伐採して広葉樹に変え、スギの花粉を少しでも減らそうと思い立った。

   利益を上げることによってこの活動を全国に広げたいという思いもあって任意団体にした。2006年に立ち上げたホームページで寄付金を募った。HPには「日本列島間伐運動」と銘打ち、

「伐採の費用は、1平方メートル当たり17円です。千円の寄付金で62平方メートル(10m×6.2m)の広さが伐採できるのです。国や地方自治体ができなければ、日本国民の有志で伐採を行いましょう」

と呼びかけた。しかし寄付金はこれまで3万円も集まらず、看板代に消えた。寄付金による伐採は全く行われていないのが実情だ。ただし、「花粉症撲滅センター」はボランティアで、東京ドーム7~8個分の面積に当たる杉の木の伐採をここ10年で実施した。友人や知り合いの山が中心で、伐採地には「花粉症 撲滅の森」の立札を置いた。杉の木を伐採した跡は放置したままなのにタラやカシワ、イチイガシなどの広葉樹が自然と生えてくる。永峯さんはこれを「天然更新」と呼び、自然の力で森は蘇り、杉よりも全く手のかからない広葉樹が育ち、それを木材として利用できると力説する。戦後日本は国策で杉を植えてきたが日本では本来、こうした広葉樹が林業の主力だったとも説明する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中