ラグビー元日本代表の大八木淳史氏を脅迫罪で告訴 芦屋学園中高の元教頭

印刷

   芦屋大学(兵庫県)などを運営する「芦屋学園」の理事長でラグビー元日本代表の大八木淳史氏(53)に脅されたとして、芦屋学園が運営する中高一貫校の元教頭の男性(64)が2015年8月5日、大八木氏を脅迫の罪で芦屋署に刑事告訴したことが分かった。

   報道によると、告訴状では、中高一貫校の校長も務める大八木氏がかつて自分が理事を務めていた学習塾に補習授業を年間約3000万円で業務委託したことについて、男性が「不透明な支出」と指摘したところ、「理事長に逆らえばとんでもないことになる」などと脅したとしている。

   一方、大八木氏はこの日、学習塾への業務委託は問題なく、脅迫は「事実無根」だとして、男性を名誉毀損の罪で芦屋署に告訴した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中