2019年 9月 23日 (月)

【女の相談室】旦那長生きで妻の死亡リスク倍増 鈍感な夫の日々の行動がストレスに

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「最近、何となく体の調子がすぐれないの」。頭が重い、イライラする、疲れが取れない......。こんな原因がはっきりしない妻の不調は、これまでは不定愁訴(ふていしゅうそ)とか更年期障害として片づけられてきた。

   しかし、ソレ、あなたの夫が原因の「夫源(ふげん)病」の可能性がある。もう一度、夫婦関係を見直してみてはいかが。

  • 「死が2人を分かつまで仲良く」が夫婦の理想だが……
    「死が2人を分かつまで仲良く」が夫婦の理想だが……

夫は日常生活の多くを妻に依存し、それが妻の命をすり減らす

   夫源病は医学的な正式の病名ではない。従来、女性の症状や悩みを聞く心療内科などの間で、「主人在宅ストレス症候群」と呼ばれていた症状を、中高年のメンタルケアが専門の石蔵文信・大阪樟蔭女子大教授が、ズバリ「夫源病」と名付けて一般に広まった。

   昔から「亭主元気で留守が良い」とはよくいったもので、夫がいない方が妻はいきいきとしてストレスがたまらないといわれる。妻にとって、夫の存在そのものがいかに健康の脅威になっているかを立証した研究がある。愛媛県総合保健協会の藤本弘一郎医長が、2000年代初めに松山市内の60~84歳の男女約3100人の健康状態を5年間にわたり追跡調査をした。

   そして、配偶者の有無が死亡に与えた影響を分析すると、女性は夫がいる場合が、死別などでいない場合より死亡リスクが2.02倍高かった。逆に、男性は妻がいる場合は、いない場合より死亡率が0.46倍に下がった。夫は日常生活の多くを妻に依存し、それが妻の命をすり減らす結果になることが示された。

   では、夫源病はどういうメカニズムで起こるのだろうか。石蔵教授の著書「妻の病気の9割は夫がつくる」などをみるとこうだ。

   元来、男は攻撃性の強い生き物だから、そのストレスが自分に向かうと自殺、妻に向かうとDV(配偶者暴力)、子どもに向かうと虐待になる。DVとまではいかなくても、鈍感な夫のささいな日常行動が妻のストレスを増やしていく。たとえば、こんな行動だ。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中