2019年 7月 24日 (水)

【男と女の相談室】腰痛の隠れた主犯はタバコだった もっと激しい首の痛みにも関与

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ズキンズキンと泣きたくなる痛みが襲ってくる腰。ひょっとしてアナタはタバコを吸っていないだろうか。実はタバコはアナタが思っている以上に腰に悪いヤツなのだ。

   腰痛専門クリニックに通う患者の8割は喫煙者という統計がある。最近は、腰ばかりか首の激痛にもタバコが関わっている研究が出たほどだ。

  • タバコの悪行の歴史に新たな1ページが
    タバコの悪行の歴史に新たな1ページが

1日20本を8週間吸い続けると腰の骨ボロボロ

   2012年、日本整形外科学会と日本腰痛学会が合同で「腰痛診療ガイドライン」をまとめた。その中で、生活習慣の中で特に気を付ける危険因子としてあげた2つが「運動不足」と「喫煙」だった。一般からみると危険因子に入りそうな「肥満」が、「腰痛との間に(医学的な)相関関係はない」として外されたことを考えると、いかにタバコがよくないかわかる。

   腰痛専門医のウエブサイトを見ると、腰痛には大きく分けて2つの原因がある。1つ目が、腰椎間板ヘルニアなど腰回りの骨の異常からくるもの。こういった疾患は腰痛全体の約15%だ。残りのほとんどは原因がはっきりしない腰痛で、多くは筋膜性腰痛と診断される。その大半は血流が不十分なこと、つまり血のめぐりが悪いことから起こる。そして、タバコは腰椎間板ヘルニアと血流悪化という両方の原因の隠れた「主犯」的存在なのだ。

   従来から、腰痛患者に喫煙者が非常に多いためタバコが関係しているとみられてきたが、メカニズムはわからなかった。2002年に松崎浩巳・日本大学教授がウサギの実験で、初めてニコチンが腰椎間板を破壊する恐ろしい仕組みを解明した。

   タバコを1日20本吸う人間と同じ血中濃度になるように、ニコチンを溶かした液体を4~12週間ウサギに与えた。そして、ウサギを解剖して腰椎間板の変化を調べた。すると、8週間以上与えると腰椎間板に亀裂が走ったり、中が空洞になったりして弾力を失い、指で押すと簡単につぶれることがわかった。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中