2019年 1月 20日 (日)

タイ「全裸騒動」DYM、新人研修でも裸踊り? 企業HPには「風評被害対策」が専門と...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   タイ・フアヒンのビーチに旅行で訪れた男性社員が「集団全裸騒動」を引き起こしたIT企業「DYM」(東京都品川区)が今、ネット上を騒がせている。

   同社をめぐっては、騒動と別件ながら「新人研修で男性社員が『裸踊り』」「会社の悪評を書くとクレームをつけられる」といった真偽不明の噂も出回り始めた。

  • 噂の真相はいかに…(画像は同社公式サイトより)
    噂の真相はいかに…(画像は同社公式サイトより)

在日タイ大使館から「身に余る程の慈悲深い、寛大なお許し」

   同社は2003年に有限会社として設立。07年に株式会社化し、主にネット上のSEO対策(検索最適化)、風評被害対策を手がけるようになった。タイにも現地法人を設けていた。

   同社は水谷佑毅社長の名義で16年3月10日、騒動に関する謝罪文を公式サイト上に発表し、

「旅行先の解放感でタガが緩み、深く考えることなく、タイ王国の国民の方々の名誉感情を害する行いに至りましたこと、深く反省し、心よりお詫び申し上げます。今後、同様のことが無いよう、メンバーの教育を徹底して参る所存でございます」

と再発防止を誓っている。

   そもそも今回の騒動は、3日から7日にかけて行われた海外研修で発生した。5日夜、タイ王室ゆかりの地として知られるリゾート地、フアヒンのビーチで、泥酔した男性社員約30名が全裸になって騒いだ。現地人から注意されたものの、騒ぐ社員らは聞き入れなかったという。騒動は現地メディアにも取り上げられ、観光・スポーツ大臣が再発防止を呼び掛ける事態にまで発展した。8日付けの現地ラジオ局「タイ国営通信」の電子版記事によると、騒動を起こした男性社員らは再びタイに入国した際、起訴される可能性があるという。

   なお、同社は11日、第三者を交えた調査委員会を社内に設置。在日タイ大使館にも謝罪し、「身に余る程の慈悲深い、寛大なお許しの御言葉を頂戴いたしました」と発表している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中