2019年 6月 19日 (水)

「肉マイスター」田辺晋太郎が、マクドナルドをバッサリ! そのパティ、本当に「ビーフ100%」?

印刷

   牛肉100%、調味料や「つなぎ」も一切使用していない――。そんなマクドナルドの「ビーフパティ」をめぐり、ネット上で「マックのパティは牛肉の味がしない」「別の肉を混ぜているのでは」などと懐疑的な声が漏れている。

   そこでJ-CASTニュースは今回、一般社団法人「食のコンシェルジュ協会」の代表理事で、「肉マイスター」の肩書を持つ田辺晋太郎氏に、「マクドナルドのビーフパティ」の「利き肉」を依頼。パティの味わいをより直接的に確かめてもらうため、トッピングを全て抜いたハンバーガーを試食して貰い、その率直な感想を聞いた。

「肉マイスター」の田辺晋太郎氏
「肉マイスター」の田辺晋太郎氏

トッピング抜きのハンバーガーでパティの味を直接確かめる

   オーストラリア・ニュージーランド産の牛肉を100%使用したマクドナルドのビーフパティは、つなぎや調味料といった「牛肉以外の食材」を一切使用していない点が特徴だ。日本マクドナルドの公式サイトによると、新鮮な牛肉を使用することで「ジューシーで弾力のある」パティを実現したという。

   だが、ツイッターやネット掲示板などには、マクドナルドのビーフパティについて「何か別の肉が混ぜてあるはず」「マックのパティは牛肉の味がしない」などと否定的な意見も少なくない。

   今回の試食では、「ビーフパティそのもの」の味をより直接的に確かめるため、ソースやピクルスなどのトッピングを全て抜いた「ハンバーガー」を注文。バンズとパティだけで構成された最もシンプルなバーガーを試食してもらい、その率直な感想を聞いた。

「利き肉」中の田辺氏
「利き肉」中の田辺氏

   「マクドナルドのパティをこんなに真剣に食べたことはないんですが......、しっかりと牛肉の味がしますね」――。トッピングを抜いたハンバーガーを食べ終えた田辺氏は、その第一声、驚いた様子でこう話す。さらに続けて、

「じっくりと噛んでいくうち、肉本来の濃厚な味が染み出してきます。強く噛みしめると味が染み出してくる感覚は、オーストラリア産のビーフステーキを食べている時と変わりません」

と、その味わいを鋭く解説。「高い品質に裏付けされた、安定の美味しさですよね」と賛辞を送りつつ、「肉の味がシンプルに楽しめるので、ワインなど洋酒のお供にピッタリかもしれません」と新たな食べ方も提案した。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中