2018年 8月 19日 (日)

「女性への欲求抑えきれなかった」 高畑裕太は「性依存症」だった?

印刷

   俳優の高畑裕太容疑者(22)が、ホテル従業員の女性に乱暴したとして2016年8月23日、強姦致傷容疑で逮捕された。調べに対して「女性への欲求を抑えきれなかった」と話しているという。

   映画の撮影のために宿泊していた先で起こした今回の事件。数日後には日本テレビの「24時間テレビ」で番組パーソナリティーを務める予定だった。多くの人に迷惑をかけると分かっていたはずなのに、それでも性衝動を抑制できなかったのは、なぜか。

  • いったい何が起きたのか(写真はイメージ)
    いったい何が起きたのか(写真はイメージ)

「性的空想」を「実行」し、法的困難を経験しても止められない

   高畑容疑者の逮捕後、過去に本人が自らの性欲について発言していた内容がクローズアップされている。2016年8月24日付のサンケイスポーツ電子版によると、2015年8月に放送されたバラエティー番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、「性欲が強くて、あんまりしゃべったことない人にも『おっぱい』とか言いたくなっちゃう。下ネタも好き」と話していた。ツイッター(現在は非公開)でも以前、性欲にかられている様子をツイートし、そのスクリーンショットがインターネット上に出回っていた。

   こうした発言は冗談の可能性もあるが、売出し中だった若手俳優がテレビやネットで公言するには違和感もある。

   現時点で、高畑容疑者の動機は詳しくは分かっていない。ただ、本人の「女性への欲求が抑えられなかった」という告白、また過去の「性欲が強い」発言が事実だとしたら、自力で性欲をコントロールできない状態にあった可能性も否定できないだろう。

   性的衝動が暴走し、犯罪行為にまで行きついてしまう――こうした状況は「性的嗜好障害」の恐れがある。一般には「セックス依存症」「性依存症」の名で知られるが、いずれも正式な診断名、障害名ではない。性障害専門医療センター(SOMEC)のウェブサイトでは、性的嗜好障害をこう定義している。

「繰り返し性的空想を持つことで本人が甚大な苦痛を感じていたり、またはその空想を、性的衝動を実行し続けることで、法的、対人的、社会的困難(逮捕・服役、離婚、解雇等)を経験し、それでもコントロールできない性的嗜好」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック