2018年 5月 28日 (月)

マツコが感じて有吉が感じない 人をイジる場面を見たくない心理

印刷

   テレビで芸能人がイジられ笑われたり、ドラマの主人公が恥をかかされたりするシーンになると、気の毒になり、いたたまれたくなる――。そんな感情に心理学の名前があった!「共感性羞恥」というのだそうだ。

   2016年8月24日に放送された「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)の中でこの感情が取り上げられ、インターネット上で話題になっている。

  • 共感力あふれるマツコ・デラックス(2015年9月撮影)
    共感力あふれるマツコ・デラックス(2015年9月撮影)

「マツコ&有吉の怒り新党」で話題の「共感性羞恥」とは

   この言葉が紹介されたのは、視聴者からの次のような「お怒りメール」がきっかけだ。

「バラエティー番組でドッキリをかけられるシーンや、ドラマなどで『この後、この人は確実に恥をかくだろうな』というシーンを見るのがとにかくイヤです。かわいそうで見ていられません。しかし、一緒に見ている母に言っても理解してもらえません。この気持ちわかりますか?」

   MCの有吉弘行が「わかる?」と聞くと、MCのマツコ・デラックスがうなずく。

有吉「どういうこったよ、なにそれ?」(と不思議そうに)
マツコ「すっごい、わかる。あたし、ドキュメンタリーもそうなの。ほんとに辛いところとか、飛ばさないと見られないの」
有吉「あぁ、そうなの」(と呆れたように)
マツコ「もっと、みんな同じ思いをしていると思っていた」

   ここで青山愛アナが「実はこれには名前があるのです」と説明した。

マツコ「えっ? 病気なの?」
青山アナ「病気ではないんです。心理現象です」

   ゲストの臨床心理士・内田智章さんによると「共感性羞恥」と呼ばれるもので、こう説明した。

「ドラマなどで、登場人物が恥をかいたりする場面を見ると、その出来事が自分に起こっているかのように共感してしまい、見ていられなくなる心理現象をいいます。自分がミスをした時に恥ずかしく感じる脳の同じ部位が働き、あたかも自分の失敗のように感じるのです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中